inekitiemon’s blog

への字稲作日誌です。慣行栽培をされている方、これからへの字稲作を始めてみようと考えておられる皆様に少しでも関心を持っていただけたら幸いです。お米を

稲のプール育苗

保温マットで覆っていた種もみも1週間ほどすると発芽してきます。

1cm足らずのところではがして常温にさらします。

f:id:inekitiemon:20170506093054j:plain

水を入れてプール育苗に入ります。

多くの農家は水やりをジョロとうで行い朝晩ビニールハウスの開閉をして

寒さに遭わせないようにします。一度寒さに遭わせると苗の生長が止まってしまうからです。

これが薄蒔きのプール育苗だと昼も夜も水をためておくだけで開閉の必要がなく、ムレ苗防除の農薬などは一切不要です。

f:id:inekitiemon:20170506093808j:plain

農文協の書籍に紹介されている方法で私のように会社勤務の都合で開閉作業の出来ないものにとってはありがたい方法です。

天候が良すぎると苗が伸びすぎて悩む農家が結構多いのですが、その悩みはほぼないです。

f:id:inekitiemon:20170617010330j:plain

かまぼこ型にもならず均一に育てられます。