inekitiemon’s blog

への字稲作日誌です。慣行栽培をされている方、これからへの字稲作を始めてみようと考えておられる皆様に少しでも関心を持っていただけたら幸いです。お米を

分けつ止まった?

7月26日

止め葉と思われる14番目の葉っぱが出てきました。

分けつも44本で収まりそうです。茎数不足を心配して振った追肥が少し過ぎた。

それにしても稲の生命力はスゴい。1本しか植えていない苗がこんな姿になる。

1株7本、8本も植え込む必要はないと思います。

f:id:inekitiemon:20170726230025j:plain

過繁茂ぎみの稲を前に言い訳と自画自賛。(^^;

 

まだ分けつ中

7月20日

f:id:inekitiemon:20170720235450j:plain

葉齢調査、13枚目の葉っぱが出ていました。分けつも41本。

肥効のピークをこんな時期に持ってきてしまったみたいで、どうなってしまうんだろう。この暑さでイモチは出ていないんだけれど倒伏が心配。

ちなみにここまでの施肥量は窒素で8kg。最後の1kgを7月6日にいれたのはちと遅かったかな。

f:id:inekitiemon:20170721000101j:plain

幼穂形成期、今年の出来映えは・・・。

7月17日

出穂(8月10日予定)として出穂24日前の今日、ミネラル分を主とした肥料を20kg/反、散布しました。例年では過リン酸石灰を使用していましたが以前より値上がりしてしまったので、なにかないかと探したところ200円ほど安い写真のような商品を見つけました。JA指導ではここで穂肥と称してNK化成を施肥することになっていますが、故・井原豊さんの教えに従ってこのような施肥をしております。

実のなる作物にはカルシウム、マグネシウムが食味の向上欠かせないとの事。

f:id:inekitiemon:20170717162835j:plain

さて、今年の出来映えはどうだろう。

1本植えの観察を昨日行ったところ、細い分けつも含めて31本でした。

目標には達しているものの少し物足りない。

全体的には20本から60本近いものまでばらばらだが、平均すると25本ぐらいではないか。葉齢は12枚で終わりそうな気配でどうも数え間違いをしてしまったかな。

12枚目と数えたところが止め葉では・・・。(^^;

2本植えなら満足のいく茎数が確保されるということかな。

ポット苗だと1本でいけるらしい。

f:id:inekitiemon:20170717164828j:plain

 

この辺りはまあまあ。

f:id:inekitiemon:20170717164944j:plain

 

肥料流し込みの結果

7月11日

f:id:inekitiemon:20170711231434j:plain

肥料はうまく拡散してほとんどムラはないです。

アオミドロで生長を阻害されたところは分けつが遅れました。

 

こちらの田んぼは流し込みの際、2時間ほどで水を止めてしまったからか、

水口辺りがの葉色が真っ黒になってしまった。

過繁茂状態で倒伏やイモチ発生の恐れがある。

過リン酸石灰で締めてみようかな。    水口

f:id:inekitiemon:20170711232135j:plain

 

f:id:inekitiemon:20170711232235j:plain

 

トンボが羽化しています

7月5日

あちらこちらの株で一斉にトンボの羽化が始まっていました。

稲作りをしているとこんな事を発見する楽しみもあります。

周囲で稲作離れする農家が増え、こうした自然も少なくなっていくのが気がかりです。

f:id:inekitiemon:20170705190300j:plain

肥料の流し込み

への字稲作の大事なポイントは中期重点主義。

柱となる作業、中間施肥をしました。今回は初めて水口からの流し込みを試してみました。

f:id:inekitiemon:20170619001744j:plain

尿素を使ってみました。水によく溶けます。

うまく広がってくれ!

雨水を溜める

水源が近くにない畑は水を確保するのが大変。

そこで単管で組んだ小屋に雨とよを取り付けて、タンクに水が溜まるようにしました。

これで水くみが少しらくになるかな。(^^)

ホームセンターに材料がそろっていて組立方も説明が掲示されていました。

雨よ降れ!!(水くみ百姓)。

f:id:inekitiemon:20170611124945j:plain